医薬品個人輸入代行情報ご紹介|個人輸入したい方へ

今医薬品の海外輸入は非常に人気があります。海外輸入しているときは主に個人輸入、海外代行になります。それについてあなたは了解しますか。当サイトでは、医薬品個人輸入代行の情報をご紹介いたします。医薬品の個人輸入について興味がある方はぜひご覧になってください。

医薬品の個人輸入というのは、「処方箋不要で購入できる」「薬の費用を節約できる」「購入の手間や時間がかからない」「人目を気にせず注文できる」「レビュー等を参考にできる」などの特徴があります。非常に便利ですので、医薬品購入したい方々の中で、人気が非常に高いです。

でも、偽物、粗悪品、違法商品があり、副作用や飲み合わせの判断を誤るおそれがあり、薬品を購入する祭の個人情報がバラしてしまう可能性がありますので、個人輸入の危険性も高いということです。だから、医薬品を個人輸入するときは、ぜひ注意して、必ず正規品通販サイトを利用してください。

これから、医薬品の個人輸入情報について、いくつかのご紹介したいことがあります。

  •  医薬品の個人輸入は自分自身で使用する場合のみ可能です。個人輸入した医薬品の他人への譲渡や転売は当然ながら法律違反です。
  •  個人輸入代行を利用すると、稀に関税がかかることがあります。配達に来た配達業者に代引きで支払うか、税関から通知書が届くのでそれに従って払うかのどちらかになります。
  •  医薬品の購入は自己責任になります。効果・副作用・偽物リスク・その他、個人輸入に関する責任は購入者に帰依します。万が一、個人輸入した医薬品により健康を害しても、公的な健康被害者救済制度の対象にならない可能性を含んでいます。
  •  普通は、個人輸入代行業者では、商品代金分の領収書は基本的に出ません。でも、業者によって対応が違うので、ご利用業者でご確認ください。

以上は医薬品の個人代行の豆知識となります。では、次には、個人代行についての常見な問題を掲載しております。

  •  医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器は、人の健康や身体等に直接影響するものであることから、その品質、有効性及び安全性について、科学的なデータ等に基づいて確認がなされた製品だけが国内で流通するよう、薬事法によって厳しく規制されています。だから、それについてどうぞご安心ください。
  •  日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。それについてどうぞご注意ください。

以上は医薬品の個人輸入についてご紹介いたしました。ぜひご参考になり、安全な医薬品個人輸入をお行いください!

世界で人気があるED治療薬をご紹介!

レビトラは2004年に日本で認可された世界で二番目ED治療薬。最初のバイアグラと最大な違うところは食事の影響を受けにくいということです。

シアリスは2003年にイーライリリー?アンド?カンパニーから発売され、2007年には日本でも認可がされた勃起不全のED治療薬としては一番新しいタイプの物になります。

バイアグラは1998年にアメリカのファイザー社から発売され、翌年に初めて正式に日本での認可された最も歴史があるのED治療薬です